トップ > お知らせ・最新情報一覧 > 木曽の呂色技術について
お知らせ・最新情報

木曽の呂色技術について

木曽の呂色技術は天下逸品と評され、
古くから座卓や屏風、飾り棚などの大型漆器の制作を得意としてきました。

呂色仕上げされた大きな塗り面では、
細かな凹凸もはっきりと残ってしまいます。

下地、中塗りの段階で、その凹凸を徹底的になくすために、
「塗って研ぐ」作業徹底しています。
「キズミ」、「コキ研ぎ」と呼ばれるこの行程の良し悪しが
製品の完成度にはっきりと現れるのです。

20121026omote.jpg

地道な作業の繰り返しにより、
漆黒の塗り面はまるで鏡のようにこの世を映し出します。

20121026_ura.jpg

このページのトップヘ